LTを制するものはエンジニアリングも制す-LTのネタ編-

「ネタを考える」

LTってなんだろう?

突然ですがみなさま, LTって聞いたことありますか?

LTとはLightning(稲妻) Talkの略で, 5分間という制約のもとで行われるプレゼンテーションのことです.

エンジニアたちの界隈ではかなり歴史のある催しで, 勉強会やもくもく会などに行くとかなりの頻度で行われたりします.

5分間という時間は,

  • つまらない話でもギリギリ耐えられる
  • 手軽に理路整然としたプレゼンが出来る

などといったメリットがあります.

また, 短さ故の奥深さも備えていたりします.

 

本記事は,

「LT ? 何それ」

「LTかー. たまにやってる人いるけど自分にはちょっと…」

といった方々のココロを動かし, LTを行う際の助けにするのが目的です.

 

LTのネタが無い ! なんてナンセンス

「LTやってみない?」

と声を掛けた時に, かなりの頻度で返ってくる答えが,

 

 

 

「そんなネタ無い」

 

 

 

です.

しかし, そんな彼ら・彼女らに私は言いたい.

 

あなたは「ネタが無い」から「LTが出来ない」のではなく,

「LTがしたくない」から「ネタが無い」という理由を作り出しているに過ぎないということを.

 

いえ, 決して責めているわけではありません.

私は, LTの楽しさ・可能性を知るための, 最初の一歩を踏み出してほしいだけなのです.

(注意: この記事の執筆者は以前読んだ嫌われる勇気に影響されています)

とは言え,

「そんなこと言ってもネタなんて無いよ !」

「何にも思い浮かばないんだ !」

と, 苦悩する方々もいらっしゃることでしょう.

 

そんな方々に朗報です !

 

ネタはあります!

 

どこにあるかって?

 

あなたの頭の中に決まってるじゃないですか !

 

LTのネタを考えるためのフレームワーク

フレームワークといえば, プログラミングの世界にもそういったものがありますが, ここで取り上げるのは考え方のフレームワークです.

 

学校で習ったり, ビジネススクールやセミナー等で知ったりする方もいるのではないかと思いますが, 中でもLTのネタを考えるときに使えそうなものを紹介したいと思います.

 

マインドマップ

This is sample image of mindmap.

マインドマップ

1つのワードから, どんどん枝分かれさせ, 連想するワードをどんどん枝の先に記載していく手法です.

( 小学校でやった記憶があるような無いような… )

上の図では「最近やったこと」というワードから連想した様々なワードを描きこんでいます.

尚, 上図とは比較にならない程, すごく綺麗に描いていたり, とても上手に作っている図のサンプル画像はググれば色々出てきます.

ダイアモンドマンダラマトリクス

This is sample image of DMM.

ダイアモンドマンダラマトリクス

通称DMM(某企業名ではない). 機能分析表とも.

3×3の形9つの正方形マスの中心マスの一つのワードから, それに対する成分や機能を周囲8マスに記載していく手法です.

マインドマップとの大きな違いは, 1つのワードに対し, 8つまでしかワードを記載できないという制限があります.

上図では「最近やったこと」を中心に8つのワードを書き込み, それぞれについて更に同じことを繰り返しています.

フレームワークを生成するツール

昨今, 世界ではIT化が進み, 便利なサービスがとても増えました.

以下ではフレームワークを作ることが出来る無料プランのあるツールを紹介致します.

Cacoo

Cacooはブラウザ上で複数人で可能なフレームワーク作成サービスです.

マインドマップ以外にも, Webサイトのワイヤーフレームや, UMLまで作成でき, かなり多機能で,  Android, iPhoneと, それぞれクライアントアプリも存在します.

無料プランでは25シートまで作成可能.

Mindmeister

Mindmeisterも各種デバイスで共有可能かつ共同編集可能なマインドマップ作成ツールです.

他のいくつかのマインドマップツールの形式にも対応しています.

無料のベーシックプランではマインドマップを3つまで作れます.

Xmind

Xmindはwindows, MacOS, Linux, ポータブルと, どんなプラットフォームにも対応しています.

Web上でも共有でき, 手軽でわかりやすいUIが特徴です.

マインドマップの作成数の制限は特にありません.

紙とペン

手元にノート等があるなら, 自分で好きなようにデザインしたマインドマップ等を描いても面白いです.

最高の自由度で好きなように描けるので, 思いもよらぬアイデアが閃く…かもしれません.

まとめ

いかがでしょうか.

良質なLTを作れる方は, 技術者から尊敬されます.

「LTのネタが無い」と嘆いてる方は, まず紙なりツールなりを使ってマインドマップ等を使ってアイデアを描きだしてみましょう.

自分の思考を整理して, ほんの些細なワードからLTのネタを編み出すのです.

 

それでは素敵なLTライフを !

 

次回はLTスライド編を予定しております. お楽しみに!

「ネタを考える」